ダブル洗顔は必要?不要?

ダブル洗顔が必要か不要かの答えは肌質によって違う!

結局洗顔は2回した方がいいの?

クレンジングを選ぶときに迷ってしまうことの1つとして、ダブル洗顔が必要かどうかということがあると思います。


調べてみても、ダブル洗顔肯定派と否定はにわかれていて、それぞれが違うことを言っていますし、実際に使っている方の口コミなどを見ても


  • ダブル洗顔をするようになってから肌の調子がいい 
  • クレンジングだけにしたら乾燥しなくなった

というように、本当に人によってどっちがいいのかはっきりしない情報がたくさんでてくると思います。


では、実際のところダブル選がは必要なの、それとも不要なの?というと、その答えは肌質によって違ってくるのです。


しっかりと汚れを落とすためには当然ダブル洗顔はするべきです。


しかし、何度も洗顔をするとなると、今度は肌への刺激が大きくなるため、それによる弊害がでてきてしまうこともあるわけです。


そのため、ダブル洗顔はすべきかどうか?という議論をするようなものではなくて、自分の肌の状態に合わせて適切なものを選択するべきものなのです。


自分の肌質に合わない方を選んでしまうと、肌トラブルをより悪化させてしまったりすることがあるので、適切な選びかを知ることがとても重要なのです。

基本的にはクレンジングと洗顔料の役割が違うので両方やるべき

先ほども言ったように、メイクをしているのであれば、基本的にダブル洗顔はするべきです。


なぜなら、メイク汚れと皮脂などの汚れでは性質が全く異なるものだからです。


簡単に言ってしまえば、メイク汚れは油性、皮脂やほこりなどの汚れは水生のものです。


ちょっと考えてみると分りますが、メイクって汗で落ちてしまっては困るので、水分では簡単に落ちないようになっていますよね?


そのようなものは一般的な洗顔量で落とすことができません。


なぜなら、洗顔料というのは基本的に皮脂汚れを落とすためのもので、皮脂というのは水でざっと洗っただけでもテカらない程度には取り除くことができますよね(普通はメイクをしているから水で洗えませんが)。


そのため、洗顔料ではメイクのような油性の汚れを落とすことができません。


だから主成分が油分であるクレンジングを使って溶かして落とすのです。


メイクの汚れというのはイメージとして油性ペンで書いたようなものですね。


いくら水拭きをしても取れないけど、同じ油分であるバターなどで擦ると結構消えるものなのです。


このように、水生の汚れと油性の汚れをしっかりと落とすためにはダブル洗顔が必要になってくるわけですね。


だからこそ、基本的にはダブル洗顔をすることが綺麗なお肌を保つためには必要なんです。

ただし、肌トラブルを抱えた肌なら話は別

基本的にはダブル洗顔が必要であることは間違いないものの、クレンジング自体はとても洗浄力が強くて、肌に負担を与えてしまい、やりすぎると乾燥肌や敏感肌の原因になる可能性があります。


それなのに、クレンジングの後にさらに洗顔をするというのは、健康なお肌の方ならともかく、化粧水がしみるような敏感肌の方や、肌の乾燥がひどいと感じているような方にとっては、刺激が強すぎるわけです。


また、何度も肌を擦ると言う刺激によって、肌が自己防衛として角質層を厚くさせ、毛穴を詰まらせやすくしてしまう可能性があるため、乾燥肌よりで毛穴の汚れや角栓がひどい方は、しっかり洗っているつもりが逆に毛穴を目立たせている可能性があります。


 >洗顔のしすぎが角栓や毛穴の黒ずみを悪化させる!


そのため、乾燥肌や敏感肌で、さらに毛穴の黒ずみや角栓が目立ってしまっている方は、しばらくの間はダブル洗顔不要のクレンジングを使って、できるだけ肌への刺激を避けるようにした方がいいでしょう。


ただし、ダブル洗顔不要のクレンジングはどうしてもバッチリメイクだと落ちにくいことも多いため、肌への刺激を考えるのであれば、できるだけメイクを薄くしつつ、ダブル洗顔をしなくてもいいように心がけることが大切です。


お肌の状態やメイクの濃さという前提条件を無視して、ダブル洗顔が必要か不要かを議論しても意味がありません。


ここまで説明してきたように、ダブル洗顔をすることを基本と考えて、肌への刺激を抑えた方がいいと考えられる肌トラブルがあるのなら、メイクも控えめにしつつ、ダブル洗顔不要のクレンジングのみでお肌を労わってあげるといいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ