ダブル洗顔が不要な肌と必要な肌、その違いとおすすめのクレンジング

ダブル洗顔が不要な肌と必要な肌、その違いとおすすめのクレンジング

ダブル洗顔は不要?それとも必要?

疑問

クレンジングを選ぶときに、ダブル洗顔が必要なタイプのものを選ぶべきか、それとも不要なタイプを選ぶべきかについて、どのように判断しているでしょうか?


まずダブル洗顔とはクレンジングと洗顔をそれぞれ別々に実施することですが、多くの方は何となく手間のかからないダブル洗顔不要のタイプのクレンジングを選んでしまっていると思います。


実際にどっちがいいのか調べてみるとわかるのですが、ダブル洗顔は必要だという意見もあれば、ダブル洗顔しない方が肌の調子がいいという意見もあって、どっちが正しいのかはっきりしないんですよね。


では、実際のところダブル洗顔は不要なの?それとも必要なの?という疑問に対する答えは、「肌質によって違ってくる」のです。


そこで、



について解説しますので、クレンジングの選び方の参考にしてみて下さい。


ダブル洗顔をする場合、しない場合のそれぞれのメリットとデメリット

メリットとデメリット

ダブル洗顔が必要か不要か?という疑問を持っている方の中には、どっちがいいのか知りたい!と考えている方が多いでしょう。


ダブル洗顔をする場合もしない場合もメリットとデメリットが存在するので、最初にも言ったようにどっちがいいかは肌質によって異なるのです。


ただ、メイクをしているのであればダブル洗顔をするべきです。


なぜなら、メイク汚れと皮脂などの汚れでは性質が全く異なるものだからです。


メイクは汗で落ちてはいけないため水で落とすことはできませんが、皮脂やほこりなどの汚れは水だけでもそれなりに落ちるので、別々の洗浄剤を使って落とす必要があります。


メイク落としと洗顔料

そのため、基本的には油性の汚れであるメイク、水性の汚れである皮脂などをそれぞれ適したものを使ってしっかりと落とすことができるダブル洗顔を実施した方が良いのです。


しかし、お肌の状態によっては複数回肌を洗浄することによるデメリットも無視できなくなってくるため、ダブル洗顔をする時、しないと時のメリットとデメリットを理解して、肌質に合わせて選択していくことが大切なのです。


では。メリットとデメリットを整理してみると


ダブル洗顔をする場合
  • メリット:メイク汚れ、皮脂汚れをしっかり落とせる
  • デメリット:時間がかかる、面倒、摩擦による刺激が多い

ダブル洗顔をしない場合
  • メリット:時短、価格が安い、摩擦による刺激が少ない
  • デメリット:汚れが落ちにくい、

といった面があるのです。だから


  • しっかりと汚れを落とそうとすると肌への刺激が増える
  • 刺激を減らそうとすると汚れを落としにくくなる

という当たり前のメリットとデメリットがどちらにも存在するのです。


そのため、ダブル洗顔はした方が良い、悪いの問題ではなくて、メリットとデメリットを知ったうえで肌質に合わせて判断する必要があるのです。


ダブル洗顔が必要 or 不要な肌とそれぞれに合ったおすすめのクレンジング

肌の違い

ダブル洗顔をするにしてもしないにしても、洗浄力が高いほど肌への刺激も強くなるという表裏の関係があるため、肌に合った方法を選ぶことが大切であることは分かって頂けたと思います。


では、ダブル洗顔をした方がいい肌、逆にしない方がいい肌というのは具体的にどう判断すればいいのかを紹介していきましょう。


ダブル洗顔が必要な肌

必要

基本的に肌が丈夫で乾燥肌または敏感肌といった症状も無く、普段もそれほどお手入れしていないのに肌が綺麗な方はダブル洗顔をしてメイク汚れも皮脂汚れもしっかりと落とすべきでしょう。


スキンケアの回数が増えるほど肌への摩擦刺激が増えてしまいますが、肌が健康で常に潤いも十分な肌は、しっかりとバリア機能が働いているので多少の刺激ではダメージを受けません


そのため、刺激をしすぎることを心配するよりも、汚れをしっかりと落とすことを優先するべきです。


多少面倒でも、スキンケアの基本に従ってダブル洗顔が必要なタイプのクレンジングと洗顔料を別々に用意して、それぞれ別々に行うようにしましょう。




ダブル洗顔が不要な肌

不要

潤いのある健康な肌と反対に、乾燥肌や敏感肌の症状のある方は、肌のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激が肌トラブルを招いてしまう可能性があります。


基本的にはダブル洗顔が必要であることは間違いないものの、クレンジング自体はそれなりに洗浄力が強くて肌に負担を与えてしまうので、やりすぎると乾燥肌や敏感肌の原因になる可能性があります。


それなのに、クレンジングの後にさらに洗顔をするというのは、健康なお肌の方ならともかく、化粧水がしみるような敏感肌の方や、肌の乾燥がひどいと感じているような方にとっては、刺激が強すぎるわけです。


そのため、乾燥などが気になる方はできるだけ肌への摩擦が少なくてしむダブル洗顔不要のクレンジングを使用することをおすすめします。


結構多いのが、しっかりと汚れを落とすためにダブル洗顔をするようにしたらなぜかニキビができるようになったとか角栓がすぐに目立ってしまうという方は、洗いすぎによってターンオーバーの乱れを引き起こしていることがトラブルの原因になっている可能性があるので、一度ダブル洗顔不要のクレンジングを試してみるといいでしょう。



ただ、肌トラブルを隠そうとしてメイクを厚くしがちな方は、洗浄力の低いダブル洗顔不要のクレンジングだと逆に擦る回数が増えて刺激になってしまうことがあるので、メイクを控えめにして落としやすくすることも忘れないで下さい。


ここまで説明してきたように、ダブル洗顔をすることを基本と考えて、肌への刺激を抑えた方がいいと考えられる肌トラブルがあるのなら、メイクも控えめにしつつダブル洗顔不要のクレンジングでお肌を労わってあげるといいと思います。


乾燥肌や毛穴の黒ずみ、角栓などの問題を抱えている方の多くが、何となく使っているクレンジングが肌に合わないことが原因だったりするので、スキンケアの最初の工程であるクレンジングは肌の状態などに合わせて定期的に見直してみることも大切です。


メイク落としからスキンケアを見直そう
角栓が取れるクレンジングおすすめランキング!(TOPページ)

ホーム RSS購読 サイトマップ