運動して汗をかけば角栓が取れて毛穴が綺麗になる?

運動して汗を出せば毛穴に詰まった角栓もスッキリする?

疑問

毛穴に詰まった角栓は、すごく目立つしメイクも馴染まなくなるし、何よりも肌が汚く見えるので今すぐにでもなんとかしたいもの。


それなのに、洗顔をしても取れないし、無理に押し出すのも肌に良くないので、「改善するためにはどうすればいいんだろう」と悩んでいる方も多いと思います。


そこで改善策として、「吹き出すほどの汗をかくことで毛穴の汚れもスポンッと取れるんじゃない?」と考えたことはありませんか?


私も鼻の毛穴の黒ずみや角栓に悩んでいたころ、何となく運動をすることは肌にいいと聞いていたこともあって、毎日しっかりと汗をかく習慣を持てば毛穴が詰まることは無くなると思っていました。


実際に2日おきにスポーツクラブでジョギングをするようになったところ、本当に毛穴の汚れが目立たなくなったんです。


でも、後々知ることになるのですが、実は私の毛穴が綺麗になったのは汗をかくことで毛穴の汚れが押し出されたわけではありません


汗は毛穴から分泌するわけではないので、たくさん汗をかいても毛穴の汚れは取れません。(毛穴から皮脂は分泌されますが、汗は毛穴ではなく汗腺から分泌されるものです)


では、どうして運動をすることによって毛穴の角栓を目立たなくさせることができたのでしょうか?


その理由を説明していきましょう



運動が角栓にもたらす効果

効果

角栓が目立つようになる主な原因は、ターンオーバーの乱れによって残った古い角質と皮脂が合わさって固まったものが毛穴を埋めてしまうことです。


 >角栓とは?鼻の毛穴がぶつぶつする原因と対策を徹底解説


では、どうして運動をすることで毛穴に詰まった角栓や黒ずみの改善が期待できるのかというと、運動が肌のターンオーバーを促進してくれるからなんです。


一般的にきれいな肌を保つために運動が必要だと言われる理由はターンオーバーが関係しているのですね。


私たちの肌は、ターンオーバーによって古くなった皮膚を新しいものと入れ替えて健康な肌を保っているのですが、ターンオーバーを正常に行うには成長ホルモンの分泌が必要です。


 >鼻の角栓を除去するためにはターンオーバーの改善が必要


そして、成長ホルモンは主に睡眠中に分泌します。


だから、ぐっすり眠った次の日は肌がプルプルに感じたり化粧のノリが良かったりするし、逆に寝不足が続くと肌トラブルなどが起きやすくなるのです。


また、新しい皮膚を作るには材料となるたんぱく質などの栄養素が必要になるので、食事などから摂取した栄養素を血液によって必要なところに届ける必要があります。


そのため、ターンオーバーによって新しい皮膚をスムーズに作るためには、睡眠と血行促進が非常に重要なんです。


そして、運動は「質の良い睡眠と血行促進」の両方に好影響を与えてくれるものなのでターンオーバーの改善に欠かせないのです。


運動が角栓ケアに不可欠な質の良い睡眠に繋がる理由

肌のターンオーバーを促進するため必要な「質の良い睡眠」と「血行促進」のうち、運動をすれば血行が促進されるのは何となくイメージできると思います。


では、運動をすることで睡眠の質が高められるのはなぜでしょうか?


主な理由は、


  • 適度な疲労
  • ストレスの解消

という結果が得られるからなんです。


適度な疲労

疲労

体がすごく疲れたときにいつもよりも早く眠ってしまったというのは誰もが経験したことがあると思います。


当たり前のことですが、身体を使うと筋肉が疲労(損傷)するため、回復させようとして眠くなります


でも、最近ではデスクワークのような体を動かさない仕事が増えたため、精神的な疲労によって疲れは感じていても、実際には体はそれほど披露していないことも多く、なかなか質の良い眠りに就きにくいのです。


そのため、軽いウォーキングやジョギングのような適度な疲労を体に与えることは、質の良い睡眠を取るうえでとても大切なのです。


ストレスの解消

ストレス解消

私たちは夜になると自然と眠くなってくるものですが、これは自律神経の働きによるものです。


自律神経というのは、毎日の生活リズムを基本データとして、活動すべき時間帯と休むべき時間帯を判断して、体の活動レベルをコントロールしてくれている神経です。


質の良い睡眠を摂るためには、自律神経が休むべき時間帯と判断している時に眠ることが大切なのですが、自律神経というのはストレスの影響をとても受けやすいのです。


当たり前ですが、睡眠中に家事や地震などが起きても目が覚めないと命に係わるので、体はストレスを感じると休息をやめて活動をしようとするのです。


自律神経は身体への物理的なストレスだけでなく、精神的なストレスの影響も受けやすいので、仕事やプライベートでですごく嫌なことがあった時やイライラしたときに、なかなか寝付けないという状態になってしまうのです。


そのため、運動によってストレスを解消すると睡眠の質を高めることができるのです。


運動をすることによって気持ちがすっきりとした経験は誰でもあると思いますが、私たちは運動をすることで脳内に幸せホルモンと呼ばれるセロトニンという物質が分泌され、このセロトニンがストレスを解消する効果があることが分かっているのです。


身体を動かして汗をたくさん書いたあとは、気持ちまでスッキリするという経験をしたことがある方も多いと思いますが、これはセロトニンという物質によるものだったのです。


よって、疲れているのに眠れないと感じている方は、実はストレスで精神的には疲弊しているけど体は疲れていない可能性もあるので、軽い運動をするだけでも睡眠の質を高めることができるかもしれないのです。

角栓を綺麗にするには運動と併せてスキンケアの改善も大事

ここまでで、運動をすることによって


  • 睡眠の質の向上
  • 血行促進

によってターンオーバーの促進が期待できて、結果的に毛穴の汚れや角栓の詰まりの改善につながることは理解して頂けたかと思います。


ただ、運動だけしていてスキンケアをサボっていては意味がありません


肌の新陳代謝という内面的な要因を改善することはもちろんいいことなのですが、毛穴の汚れや角栓というのはメイク汚れや皮脂の分泌といったものも影響していくるため、スキンケアという外面的な要因も大切になってくるのです。


よって、運動や睡眠といったところだけに偏るのではなく、その効果を最大限活かすためにも、しっかりと正しいスキンケアを実施することも忘れてはいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ