鼻の角栓を無理に押し出すのは逆効果!

鼻の角栓を無理に押し出すのは逆効果!

鼻の角栓を押し出して綺麗にしたい!

困った

鼻の角栓を見つけてしまうと、ついつい押し出してしまいたくなりますよね。


特にお出かけ前にメイクをしようと思って鏡を見ているときに、ポツポツと角栓が毛穴から飛び出していて、このまま外出するのも気分が悪いからといってちょっと力を入れて角栓を押し出してしまった、という経験をしている方は多いと思います。


私も肌に良くないことは分かっていてるのに、どうしても今すぐにこの汚い鼻をキレイにしたいと思ってしまって、つい無理やり角栓を押し出すようなことをしてしまったことが何度もあります。


確かに一時的には綺麗になるし、ニュルっと毛穴から汚れが出てくるところは本当に見ていて気持ちがいいもので癖になるのもわかるのですが、実は、無理やり力を入れて毛穴の汚れを押し出すような行為は百害あって一利無しと言っても過言ではありません。


無理に力を入れて肌を刺激すると、毛穴の詰まりを悪化させてしまったり、炎症を起こしたり、最悪の場合には色素沈着となってシミのように跡が残ってしまったりすることもあるのです。


そのため、まずは角栓を押し出すことによってどんなデメリットがあるのかをして、癖になってしまっている方は今後やらないようにすることが、実は綺麗なお肌への近道であることを知っておいて下さい。



角栓を無理に押し出すことによるデメリット

デメリット

角栓を無理矢理押し出すことによって、確かに短期的には肌がきれいになったような気がするかもしれませんが、長期的にみると実はデメリットの方が多いのです。


主なデメリットとしては


  • 毛穴が詰まりやすくなる
  • 炎症によって跡が残る
  • 色素沈着してしまう

といったものがあります。


それぞれについて、角栓を押し出すことでどうしてこのような症状を引き起こしてしまうのか説明していきましょう。


毛穴が詰まりやすくなる

毛穴が詰まる

鼻の毛穴に詰まった角栓をキレイにしたくて強く押し出すようなことをしていると、最初のうちはスッキリと除去できているような気がしますが、続けているうちにだんだんと毛穴が詰まりやすい肌質になってしまいます。


その理由は、「鼻の角栓を除去するためにはターンオーバーの改善が必要」という記事の中の間違ったスキンケアによって毛穴が詰まりやすくなるという説明をした通り、私たちの肌は刺激をすると防衛反応として皮膚を厚くしようとするからです。


皮膚を厚くして刺激から肌を守るために、古くなった角質を剥がさずに残しておこうとするのです。


そうすることによって、本当は無くなるべきだった角質が毛穴の周辺に積み上がっていくために、毛穴がふさがって詰まりやすくなってしまうのです。


炎症を起こして跡が残る

炎症

次に問題となるのが、刺激することで皮膚が傷ついて炎症を起こし、跡が残ってしまうというものです。


これは角栓を押し出そうとして夢中になってやり過ぎてしまった経験がある方ならわかると思うのですが、毛穴の汚れを絞り出そうとして爪を立てたり、器具などを使って圧力をかけ過ぎると、部分的に赤くなったり、鼻全体が真っ赤に腫れたようになってしまうことがあります。


まあ一時的な刺激であれば数日以内には腫れや赤みが治まりますが、あまり強くやりすぎたり、繰り返し継続して刺激をし続けると、炎症による赤みが長期間残ってしまうことがあるのです。


炎症によって跡が残る代表的なものがニキビですが、毛穴に局部的に圧力をかけることで肌が傷ついてニキビ跡のように赤く残り続けてしまうのです。


刺激によって肌の細胞が傷つくと、修復に必要な栄養素をたくさん届けようとして、血管が拡張されて血液が一部分に集まってきます。


そのため、血液の色が透けて赤くなったり、血液が一部に集中するために腫れたりする炎症反応を引き起こすのです。


それほど力を入れていないつもりでも、局部的には非常に大きな力がかかっているため修復に時間がかかり、半年以上も赤みが残ってしまうこともあるのです。


つまり、角栓を無理に押し出すという行為は、短期的には毛穴の汚れを除去して綺麗にしながら、炎症による赤みを長期的に残してしまうという残念な結果を招いてしまう可能性が高いのです。


綺麗な肌にすることが目的なら、無理に角栓を押し出すことは辞めた方がいいのです。


毛穴が黒く色素沈着してしまう

色素沈着

意外と知らない方も多いのですが、皮膚は摩擦などの刺激を繰り返したり、炎症がひどくなったりすると、メラニン色素を活性化させてシミのような色素沈着を引き起こしてしまうことがあります。


これは炎症性色素沈着と言われるもので、ダメージを受けた部分を修復しようとして肌の細胞が活性化すると同時に、メラニン色素を作る細胞も活発になって色素沈着の原因になってしまうのです。


下着のラインにそって皮膚がちょっと黒ずんでいたりすることはありませんか?


実はこれも摩擦による炎症性色素沈着で、下着の締め付けくらいの小さいな刺激でも長期間継続すると皮膚が黒ずんでしまったりするのです。


同じように、角栓を押し出したいからといって繰り返し刺激を続けていると、毛穴の周囲が黒くなって毛穴が綺麗であっても汚れが詰まっているような黒ずんだ状態になってしまうのです。


角栓は押し出すのではなく詰まらないようにすることが大事

以上のように、鼻の角栓が気になってしまう気持ちはよくわかるのですが、力ずくで押し出すようなやり方をしていると、一時的にキレイになるように見えるだけで、肌はダメージを受けてさらに角栓が詰まりやすくなるだけでなく、炎症や色素沈着にまで発展してしまうリスクを秘めているのです。


基本的な対策は、角栓を除去するのではなくて詰まらないようにすること、そのためには


  • クレンジングや洗顔に問題はないか?(汚れが残っていないか、摂り過ぎていないか)
  • ターンオーバーは正常か?

重要


単純に今ある角栓をいくら取り除くことを続けてもいたちごっこに過ぎず、結局肌を傷め続けてしまうだけなのです。


だから、今すぐになんとかしたいという気持ちを抑えて、自分で押し出すようなリスクのあること辞めて、根本的な解決をするために長期的な視点で正しいケアをしていくことが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ