洗顔のしすぎは角栓や毛穴の黒ずみを悪化させる

洗顔のしすぎが角栓や毛穴の黒ずみを悪化させる!

もしかして頑張って洗いすぎていませんか?

医師

鼻の角栓や毛穴の黒ずみって、場所が場所だけに目立ってしまって本当に困りますよね。


だからこそどうにかして撃退したいと思う気持ちはわかるのですが、もしかして角栓などの汚れを除去しようとして洗顔をやりすぎていませんか?


こんな傾向がある方は特に注意です。


  • 濃いめのメイクが好き
  • ゴシゴシ洗わないとメイクが落ちている気がしない
  • 肌がつっぱる

これはまさに洗いすぎの傾向がみられる方の特徴ですね。


メイクがはっきりとしてメリハリがある方が映える(濃い目のメイクが好き)という方は、メイクを落とすためにしっかりと洗う必要があるため、洗浄力の強いクレンジングを使う必要があります。そうすると必要な皮脂まで落としてしまうことがあり、それが原因で毛穴を詰まらせてしまいます


また、メイクのやり方に関わらずクレンジングをするときにはしっかりと擦らないと角栓の原因になってしまうと間違えて覚えてしまっている方は要注意です。強い刺激を与えることは結果的に毛穴を詰まらせやすくします。


さらに、肌がつっぱるという方は水分が不足している証拠です。肌の潤いが足りなくなることも毛穴を詰まらせる原因になってしまうのです。


このように、汚れを落とすためにやっているはずの洗顔のやり方を間違えると、肌の乾燥や刺激によってより角栓や毛穴の黒ずみを促進させてしまうので注意が必要です。


では、どうして乾燥や刺激によって毛穴の詰まりや黒ずみを促進させてしまうのか説明していきましょう。


乾燥によって毛穴が詰まる

先ほど、洗浄力の強いクレンジングを使っている方は毛穴が詰まりやすいと言いましたが、どうしてでしょうか?


その理由は、肌が乾燥すると古い角質が残りやすくなったり、皮脂が過剰に分泌してしまうからなのです。


では、なぜ角質が残ったり皮脂が過剰になったりするのでしょうか?


そのメカニズムを知るためには、お肌の構造を少しだけ知っておく必要があるため、少しだけお肌について知っておきましょう。


肌の構造について

構造

意外と知らない方も多いのですが、自分の肌がどんな仕組みになっているのか?専門的な話にならないようにできるだけ簡単に説明します。


私たちの肌というのは、簡単に言ってしまえば


  • 表面の皮膚(表皮)
  • 内側の皮膚(真皮)

という2つの部分からできています。


そして、表皮は真皮にある潤いや弾力を守るためのカバーのような役割をしています。


イメージでいうと、生ものなどの鮮度を保つためにラップをして保存するようなものです。

外部からの細菌などが入らないようにしつつ、水分が逃げないように肌も薄い膜を貼り付けて保護している


わけですね。


表皮の働き

角質層

このラップのような表皮がしっかりと肌を守るために働くには、潤いが必要不可欠なんです。


先ほど表皮が真皮を守っていると書きましたが、実際には表皮の一番外側にある角質層というものがラップの働きをする部分で、角質層の構造は細胞をレンガのように敷き詰めた状態になっているのです。


実際にレンガで作られた壁などを想像して貰えればわかると思いますが、レンガの隙間をセメントで固めないと隙間が空いてしまいますね。隙間が空いていては内側の真皮を守ることができません。


そこで、私たちの皮膚は細胞同士の隙間を細胞間脂質と呼ばれている水分と油分を順番に並べたもので埋めることで隙間をなくしているのです。


油分があるおかげで内側の水分が外に漏れず、外側からも水分や異物が入ってこない、さらには水分と油分が交互になることで水分を保持して潤いを保っているのです。


つまり、潤いのある肌というのはしっかりと細胞脂質が機能して、角質層が真皮を守ってくれている状態です。


そのため、表皮(角質層)が水分を保持して乾燥しないような健康な状態であるためには、潤いのあるお肌であることが大事なのです。


乾燥した肌は毛穴を詰まらせる

乾燥

肌が健康でいるためには乾燥させないことが重要なのは分かって頂けたと思いますが、洗浄力の強いクレンジングなどによって洗い続けていると、この細胞間脂質の油分まで除去してしまうことがあるのです。


そうなると、交互になってうまく働いていた水分と油分のバランスが崩れるため、油分によって挟まれていた水分が逃げだしてしまって肌の表面にある角質層が乾燥してきます。


角質層は肌の一番外側にある部分なので、乾燥すると毛穴の先端の部分の皮膚がしぼんだ状態になってしまいますね。


そのため、毛穴の入口部分がふさがれやすく、汚れが詰まったり、乾燥した角質そのものが詰まったりしやすくなってしまうのです。


(ちなみに、角栓と言われているものは角質が皮脂やほこりなどと結合して固まって毛穴に詰まったものものです。)


さらに、油分と水分がそれぞれ逃げ出してしまって細胞間脂質が減ってしまった角質層というのは、レンガのように積み上げた角質層の細胞の間が隙間だらけになってしまっているために、外部から異物が侵入しやすく水分が漏れやすい状態になってしまっています。


このような状態は身体にとっては好ましくないために、防衛反応として角質層を厚くしようと働きかけるのです。


私たちの肌はターンオーバーと言われる新陳代謝によって、常に古くなった皮膚が剥がれて新しく生まれ変わっているのですが、緊急事態で角質層を厚くしようとしているために、体は古くなった皮膚もできるだけ残して再利用しようとするのです。


そうすることで水分が逃げてしまうのを防ごうとするのですが、古くなった皮膚というのは水分や油分が少なくなっているため乾燥しやすくなっています。


さらにそのような乾いた皮膚が毛穴の入り口付近で厚みを増していくため、どうしても毛穴を詰まらせやすい環境を作ってしまうのです。


このように、肌が乾燥してしまうと、毛穴の入り口付近の角質がしぼみやすいこと、さらには厚みを増してしまうことによって角栓を詰まらせやすい環境になってしまうのです。


だから、強力なクレンジングを使っている方や肌のつっぱりを感じている方は、一生懸命汚れを落としているつもりでも逆に角栓を悪化させている可能性があるのです。

刺激で毛穴が詰まりやすくなる

刺激

続いて、洗顔やクレンジングで刺激をしすぎることによってどうして毛穴が詰まりやすくなるのかを説明しましょう。


メイク落としなどをする時にゴシゴシと強く洗わないとちゃんと落ちている気がしない、という勘違いをしてしまっている方は毛穴の汚れや角栓を悪化させてしまうことがあるので特に注意が必要です。


その理由は、乾燥したときと同じで刺激を繰り返すと角質が厚くなってしまうからです。


さきほど、肌の表面には表皮があって、表皮の一番外側にある角質層によって外部からの異物侵入を防ぎつつ、真皮の水分保持をしているという話しをしました。


さらに角質層というのは真皮にダメージを与えないように、刺激を緩和するという働きも持っているのです。


そのため、強い刺激を続けていると、真皮への繰り返される刺激を何とか緩和しようとして、角質層を厚くしようとするのです。


あとの流れは乾燥肌の場合と同じで、毛穴の周囲の角質が厚くなるために毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。


だから、できるだけ刺激をしないようにダブル洗顔不要のクレンジングを使ったり、洗顔をする前に蒸しタオルを使って汚れを落ちやすくしたりしてみるといいでしょう。



まとめ

以上のように、洗顔、特にメイク落としをするときにしっかりと汚れを落としたいがために、肌への負担の大きいクレンジング料を選んでしまったり洗い方が間違っていたりして、逆に角栓を増やしてしまうという悪循環にはまってしまうことも多いのです。


そのため、一生懸命ケアをしているのに鼻の角栓や毛穴の黒ずみが目立ってしまって仕方がないという方は、


  • クレンジングの見直し
  • 正しい洗顔方法を学ぶ

ということをしっかりと実行して、肌にやさしいケアを日々実践することで、綺麗な肌へ一歩ずつ近づいていくのではないかと思います。


メイク落としからスキンケアを見直そう
角栓が取れるクレンジングおすすめランキング!(TOPページ)

ホーム RSS購読 サイトマップ