角栓におすすめのクレンジングランキング!

角栓が取れるクレンジングおすすめランキング!

角栓を綺麗にするためのクレンジングの選び方

選び方

角栓を取るためには、洗浄力の強いクレンジングオイルを使って毛穴に詰まった汚れを溶かしだす必要があると考えていませんか?


でも、角栓をなくそうとして過剰に洗浄をすると逆に毛穴に汚れが詰まりやすい肌になってしまうのです。


確かに洗浄力が強ければ頑固な汚れも落とすことはできるのですが、一方で肌への刺激が強かったり皮脂なども落としすぎてしまったりしてしまいます。


皮膚は刺激を受けたり乾燥すると、古い角質を残して刺激から身を守ろうとしたり皮脂をたくさん出そうとしたりするため、毛穴が詰まりやすくなってしまうことがあるのです。


そのため、角栓を改善するために使うクレンジングに必要な特徴としては


  • 洗浄力が強すぎない
  • できるだけ摩擦を少なくする

といったことが大切になってきます。


そのため、クレンジングの具体的な選び方としては



というように肌質に合ったものを選ぶことが基本です。


綺麗な肌

ジェルやクリームタイプの場合、クレンジングオイルに比べると洗浄力が強すぎず、ある程度の粘りがあるためメイクを落とすときに手と顔の間でクッション代わりになって摩擦を軽減する効果が期待できます。


また、ダブル洗顔(メイク落としと洗顔を別々に行うこと)が必要かどうかについては、ダブル洗顔をした方がメイク汚れと皮脂などの汚れという性質の異なる汚れをそれぞれしっかりと落とせるので、基本的にはダブル洗顔をするべきです。


でも、乾燥などによって肌のバリア機能が低下している時はちょっとした刺激でもターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなってしまうので、乾燥肌や敏感肌の場合は擦る回数が少なくて済むダブル洗顔不要のクレンジングを選んだ方が角栓のできにくいお肌を作ることができるでしょう。


あなたの肌に合ったものを間違いなく選んでできるだけ早くツルツルお肌を取り戻すためにも、「ダブル洗顔が不要なもの」と「ダブル洗顔が必要なもの」それぞれについて、角栓を綺麗にしたい方におすすめのクレンジングランキングを紹介しますので、参考にしてみてください。


ダブル洗顔“不要”のクレンジングおすすめランキング

DUO(ドゥオ) ザ・クレンジングバーム

DUOクレンジング

販売数250万個を突破した定番のクレンジング!洗浄力と肌への優しさを両立!

新感覚のとろけるクレンジングバームがしっかりメイクを落とすのにつっぱらないと大好評!有名女性誌にも多く掲載され、満足度99%を誇る話題のクレンジングです。


これ1つでメイク落とし、洗顔、角質ケアなどもできて、しかも初回半額、送料も無料なので、もしも迷っているならDUOクレンジングバームを選んでおけば間違いないでしょう。


価格(税抜) 送料 評価

初回1,800円 (1ヶ月分)

無料


DUO公式サイト


 


リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボ

皮膚科医も認めた定番のクレンジング!まるで美容液みたい!

美容皮膚科医が監修したクレンジングで99.3%の美容成分を配合肌に優しいのにしっかりと汚れを落とすこんにゃくスクラブの使い心地が話題です。


こちらも98%のリピート率を誇る満足度で、今なら1本おまけで付いてくるので実質半額、さらに2週間の返金保証も付いてきます。


価格(税抜) 送料 評価

初回2,848円 (2ヶ月分)

無料


リ・ダーマラボ公式サイト


 


ドクターソワ マイルドクレンジングジェル

ドクターソワ

東京・広尾プライム皮膚科が監修した人気のクレンジングジェル!

美容皮膚科医が本気で考えたクレンジングとして話題になり、母乳に含まれる天然由来成分をベースとした弱酸性であるため汚れは落ちるのにしっとりとした使い心地を実現しています。


また、トコフェロールというビタミンE成分によって肌荒れや老化の原因となる活性酸素をケアしてくれるので、年齢肌が気になる方にもピッタリ!塗れた手でも使用OKなのでお風呂でも使えるところも魅力ですね。


価格(税抜) 送料 評価

初回3,200円 (約50日分)

無料


ドクターソワ公式サイト

ダブル洗顔が“必要”なタイプのクレンジングおすすめランキング

ヴァーナル メイクも落とせるW洗顔セット

ヴァーナル

11秒に1個売れているクレンジング兼洗顔石鹸セット!

CMでもおなじみヴァーナルの人気の洗顔石鹸!1つ目の石鹸でメイクや角質を落として、2つ目の石鹸で素肌を仕上げ粗い&保湿ケアまでできる石鹸のセットで、6割以上の方が10年以上使い続けているというロングセラー商品です。


正しい洗顔方法でお肌を根本から綺麗にすることで肌トラブルの少ない綺麗なお肌を手に入れたい方にぴったり!通常2,415円のところ今なら初回限定980円(税・送料込)なので興味のある方は是非試してみて下さい。


価格(税抜) 送料 評価

初回980円 (約1ヶ月分)

無料


ヴァーナル公式サイト


 


フルリ クリアゲルクレンズ

フルリクリアゲルクレンズ

日本肌再生医学会の認定を取得したドクターズコスメ

皮膚科医とエステティシャンによって監修されたもので、医学誌にも掲載されたことのある権威あるクレンジングです。配合されている水など細部にもこだわっており、豊富な美容成分や初回限定割引、無期限返金保証など申し分ありません。


ダブル洗顔をして、しっかりとメイク汚れを落としてきれいなすべすべ肌を手に入れたい方はフルリクリアゲルクレンズを日々のケアに取り入れてみて下さい!


価格(税抜) 送料 評価

初回2,900円(1ヶ月分)

無料


フルリ公式サイト


 


ビオルガ クレンジング

和漢植物の力で肌の本来の力を引き出す無添加クレンジング!

8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる温感クレンジングです。セラミドやコラーゲンなどの17種類の美容成分を配合して乾燥肌や失われがちなハリなどもしっかりとケア。


メイク落としなのにエイジングケアまでできると好評で、敏感肌や乾燥肌の方で自然派コスメなど肌に優しいものをお求めの方に適していると思います。


価格(税抜) 送料 評価

2,990円 (1ヶ月分) ※定期コース

無料


ビオルガ公式サイト

間違ったクレンジングが毛穴を詰まらせる

どれを選ぶ?

毛穴に詰まった角栓をどうにかしたいと考えて色々調べてみると、クレンジングで落とせるという情報を目にしたことがあると思います。


でも、誤った情報がたくさんあり、特に多い間違いが「クレンジングオイルで角栓をポロポロ落とす」というものです。


しかし、残念ながら毛穴につまった角栓がポロポロと落ちることはありません


これは皮膚の表面にある角質が出ているだけで、毛穴の汚れではありません。


ちょっと落ち着いて考えてみれば分かるのですが、ごく小さい毛穴の中の汚れがたくさん取れるわけはないですよね?


むしろ、クレンジングオイルのような洗浄力の強いもので皮脂を取りすぎてしまったり、摩擦による刺激を繰り返したり、無理に角質を取リ除いてしまうと、肌がダメージを防ごうとしてより角質を厚くするという自己防衛機能を働かせてしまうのです。


その結果、角栓を取ろうとすればするほど毛穴が詰まりやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。


よって、角栓をなくすために必要なのはクレンジングオイルのように洗浄力の強いもので除去するのでは無く、角栓ができにくい肌を作るために肌にやさしいクレンジングを選ぶことなのです。


そこで、



などを紹介したいと思います。


角栓ができてしまうのはどうして?

どうして?

角栓ができにくい肌をつくるためのクレンジング選びの前に、そもそもどうして角栓ができてしまうのかを理解しておく必要があります。


角栓とは実際にどんなものか知っていますか?


まあ字の通りですなんですが、角質が毛穴に栓をした状態ですね。


皮膚は作られてから一定の期間が経過すると垢となって剥がれ落ちる(これをターンオーバーと呼びます)のですが、うまく剥がれることができなかった古くなり角質が残り、メイク汚れや皮脂と合わさって固まって毛穴をふさいでしまうのです。


つまり、


角栓 = 古い角質 × メイク汚れ or 皮脂

なのです。


そのため、角栓ができないようにするために上記のうち、角質またはメイクや皮脂汚れが残らないようにする必要があるのです。


そして、角質やメイク汚れなどを無くすためには


  • 古い角質を残さない ⇒ 正常なターンオーバーの維持
  • メイク汚れ(または皮脂)をしっかり落とす ⇒ 正しいクレンジング選び

といったことが重要になるのです。


クレンジング選びの重要なポイント

重要なポイント

角栓を作らないために重要なポイントは、古い角質を残さないこと、メイク汚れをしっかり落とすことでした。


しかし最初にも言ったように、メイク汚れをしっかりと落とそうとして洗浄力の強いものを使い続けると、肌質によってはターンオーバーが乱れて古い角質が残りやすくなってしまいます。


私たちの肌は、必要な油分を除去しすぎると内部の水分が逃げやすくなってしまうため、角質を厚くして対処しようとする性質があります。


さらに、摩擦などの刺激を繰り返すことで、刺激を緩和しようとして角質を厚くさせる自己防衛作用があるため、洗いすぎは角栓のできやすい肌を作ってしまうのです。


また、一般的に肌に優しいクレンジングは洗浄力が弱い傾向があるためメイク汚れが残りやすいので、洗浄力が弱すぎても毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまう可能性があるのです。


つまり、角栓をなくすためのクレンジング選びでは、洗浄力の強さと肌への刺激のバランスが大切で、肌質によって適切なバランスのものを選ぶ必要があるのです。


あなたの肌質に合うクレンジングの種類は?

説明

クレンジング選びのポイントは、「洗浄力の強さ」「肌への刺激」のバランスですが、このバランスは主に「クレンジングの種類」と「洗顔の回数」という2つの要素で決まります。


 

クレンジングの種類というのはオイルやジェルなどのうち、どれを選んだらよいかということですね。


 

そして洗顔の回数というのは、ダブル洗顔(メイク落としと通常の洗顔を別々に実施)をするかしないか?ということです。


 

 

つまり、


 

  • クレンジングの種類はどれを選ぶべきか?
  • ダブル洗顔をする必要があるか?

 

 

ということを、あなたの肌質に合わせて選択する必要があるのです。


 

 

1.クレンジングの種類

種類

クレンジングの種類は色々ありますが、どれを選ぶかによって洗浄力や肌への刺激に差があります。


 

種類によって洗浄力と肌への刺激の関係を示したものが以下になります。


 

 

オイル > リキッド > ジェル > クリーム > ミルク

 

左に行くほど洗浄力も肌への負担も強くなり、右に行くほど洗浄力も肌への負担も弱くなります。


 

上記の関係から分かるように、洗浄力と肌への負担のバランスが取れているのがジェルまたはクリームタイプです。


 

また、クレンジングをするときに手と顔の皮膚が直接触れてしまわないようにするためには、ある程度固さのあるクレンジング剤で手と顔の皮膚の間の摩擦を緩和する必要があります


 

よって、洗浄力や肌への負担、さらに肌の摩擦という点から考えてもジェルまたはクリームタイプが最もバランスが取れていると言えます。


 

 

2.ダブル洗顔の必要性

洗顔

汚れをしっかりと落とすためには基本的にダブル洗顔をした方がいいのは間違いありません。


 

でも、クレンジングと洗顔をそれぞれ実施するということは肌への摩擦刺激の回数が倍に増えることになります。


 

そうなると乾燥肌や敏感肌の方のように肌のバリア機能が低下している場合は、繰り返される刺激によって角質が厚くなり、結果として角栓が詰まりやすい肌を作ってしまう可能性があるのです。


 

だから、肌が弱っていたりトラブルを起こしがちなお肌の方はダブル洗顔はしない方がいいのです。


 

反対に乾燥などのトラブルがない健康な肌質の場合は、バリア機能もしっかりとしているので基本的には多少の刺激で肌トラブルになることはありません。


 

よって、健康で丈夫な肌であれば汚れをしっかりと落とすことに重点を置いてダブル洗顔をした方がいいのです。


 

つまり、


 

 

  • 乾燥肌や敏感肌の方 ⇒ ダブル洗顔をしなくていいクレンジング
  • 健康な肌の方 ⇒ ダブル洗顔を前提としたクレンジング

 

というように肌質によって選ぶべきクレンジングが異なるのです。


 

現代の成人女性のほとんどが、不規則な生活や間違ったスキンケアなどによって乾燥しがちな肌質である場合がほとんどです。


 

一見すると皮脂が多いのですが、乾燥しているために肌が潤いを補おうとして皮脂の分泌が過剰になっている場合も多いのです。


 

そのため、角栓を取るためのクレンジングとしては、ダブル洗顔不要のものの方が肌に合っている場合が多いと思います。


 

以上のことから、角栓を無くすためのクレンジングの選び方としては、ジェルまたはクリームタイプのものを基本として、



 

を選べばよいわけです。


 

 

以上の点をしっかりと理解して、角栓を除去するのではなくできにくい肌にするためのクレンジングを使うようにしてみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ